名古屋久屋大通の美容院・美容室「リ・マルサンヘアー」 の 体が触れ合うスキンシップを図って免疫力を上げよう!。

体が触れ合うスキンシップを図って免疫力を上げよう!

2020/01/07

体が触れ合うスキンシップを図って免疫力を上げよう!

体が触れ合うスキンシップを図って免疫力を上げよう!の写真

皆様、あけましておめでとうございます

 

今年のRE:MARUSANHAIRのブログ

一髪目は!!

これ!!!

『オキシトシン!!!』

 

オキシトシンって?

 

 

何?

 

これは、『脳内ホルモン』の1つです

 

オキシトシンが分泌されると

学習力・記憶力が向上するそうです

さらに集中力もアップするみたいですし

健康にも良い影響をもたらす事がわかっています

免疫力が高まり、病気を予防します

 

どうしたら、この脳内ホルモン

オキシトシンが分泌されるのかと申しますと

色々な手段があるようです

 

この脳内ホルモン『オキシトシン』は

脳の下垂体後葉という部分から分泌される物質で、愛着形成を促す事から

「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」

「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」『愛情ホルモン』とも呼ばれています

 

何か、愛おしいものと触れ合うことでオキシトシンが分泌され、『しあわせだな』『安心だな』といった

ほっとする感情をもたらします

それこそ、子犬や子猫の画像を見て無性にキュンとなる(快楽を感じる)

感じに近いもののようです

脳は、そうした快楽を得る事で、また愛着を形成して快楽を得たいと思うようになるそうです

オキシトシンは、心地よい感覚刺激、あるいは心地よい心理的刺激によって分泌が促されるみたいですね

また、母親が出産したり、赤ちゃんに母乳を与える時も、オキシトシンが大量に分泌されるようです

 

 

 

 

 

こうしたことから

愛したい相手と同じ空間に長くいることでオキシトシンの分泌を促します

その際に手を握ったりマッサージしたりといった体が触れ合うスキンシップを図るとよりたくさん分泌されるようなので

お互いにマッサージのし合いっこも良いですね

さらに

犬や猫などの動物を優しく撫でる行為もオキシトシンの血中濃度を高めてくれます

動物でなくてもキュンとする

可愛いいなって感じるぬいぐるみやお人形もありみたいですw

 

人に愛着を持ったり共感したりすることでオキシトシンが分泌されるのですから、当然

人のためを思って親切にすることでもオキシトシンを促します

 

電車やバスの中で

席を譲る行為なんかも良いですよね!

 

 

この時期ですと

神社やお寺に初詣にいかれる機会が多いかと思います

神様仏様に

『世界中の人々への平和』を祈願するの良さそうですね

 

 

 

他社と触れ合って共感したり感情を動かす事が、オキシトシンの増加につながります

 

 

 

学校の道徳の授業なんかで

『人に対して親切をすると自然と自分にも返ってくる』って

教わった記憶がありますが、

まさにこれですねwオキシトシンがアップして健康になれるw

 

そして、

この寒い冬に

オキシトシンの分泌を促すおすすめの方法が

 

入浴して湯に浸かるです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

温かいお湯が肌に触れることで、脳に快適な感覚刺激が伝えられ

心理的な刺激として視床下部に伝えられます。この両面の刺激によって、オキシトシンの分泌が促進されることになるのです。

 

 

 

他にも

『美しい景色を眺める』、『好きな音楽を聴く』、『おいしいものを食べる』など、

五感を刺激して人が気持ちいいと感じているときは、やはりオキシトシンは増えるようです。

 

 

これまでにご紹介をした

オキシトシンを促す方法から考えると

家族や恋人、友達などと

温泉旅行へ一泊二日でも行ってきたら

まさに

オキシトシンアップの旅になりそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、オキシトシンはお金でも買えちゃうようです!!!

オキシトシンスプレーや浮気防止スプレーやモテ薬、媚薬めいたオキシトシン点鼻薬もあるようです。

オキシトシン スプレー

30ml(スプレー)※約3ヶ月分シュッとスプレーするだけ!信頼や絆で笑顔あふれる毎日を

価格6,380円
(税込)スプレー
英語名
Oxytocin
主要成分
オキシトシン

 

2020年は

オキシトシンで免疫力をアップさせて

元気に楽しく過ごしましょう!!!

 

 

 

 

10歳、若返る為に必要なこと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの上まで戻る