名古屋久屋大通の美容院・美容室「リ・マルサンヘアー」 の 10周年 。

10周年 

2020/11/11

10周年 

10周年 の写真

10周年も毎年恒例の伊勢神宮へお礼参りに行ってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

RE:MARUSANHAIRは10年前の11月10日にオープンしました。

 

今回、お店の定休日とも重なったので 令和2年11月10日に行ってきました

 

その日は、

ミラクルな事✨が2つありましたw

 

ミラクルその1

3時33分に自然と目覚めましたw

333のゾロ目って

なんか、縁起が良いなと感じながら、身支度をして伊勢神宮へ向かいました

 

その2

伊勢神宮に向かう途中にダブルレインボー🌈が出現!

思わず!おおおおお!と声が出ちゃいましたw

 

 

 

 

 

虹が二本も掛かっているのを見て(その後さらにもう1本!!)

 

車内で『今日、自然と目が覚めた時の時間を確認したら3時33分だったんだよね!』と話していたら

 

麻衣さんが

333の数字にまつわる話をしてくれました

 

『スピリチュアルの世界において、『3』は『三位一体』を表す数字なんだとか。

『三位一体』の解釈は個人の考え方や宗教などによってさまざまですが、基本的には『3つの存在の強い結びつき』を意味する言葉といえ

主なものとして、キリスト教における『父・子・精霊』、スピリチュアルの世界における『肉体・心・魂』など。

3つの要素が整うことによって訪れる完全な調和と安定こそが、エンジェルナンバー『3』の持つ意味のひとつ。

実際にエンジェルナンバー『333』が示されているときというのは、アセンデッドマスター(気になる方は検索してみてください W)の加護を受けているときでもあるそうで。

『333』が印象に残る時期というのは、自分を信じて、自信を持ち、新しい一歩を踏み出す上でまさに最高のタイミングなんだよ!』と

 

 

これを聞いて単純な僕は

前向きにその言葉を受け止め

何か特別なパワーを授かったような?!

その気になってました(笑)

 

そして

 

 

 

 

 

伊勢神宮外宮へ無事に到着!

 

早速、御垣内参拝と呼ばれる正式参拝をさせていただきました

 

 

伊勢神宮の参拝の仕方は

以前に書いた⬇️のブログを参考にしてください

 

伊勢神宮へ③の仲間達とお礼参り

 

 

しっかりとお礼を伝え

 

 

 

 

 

内宮へ行き

内宮でも

正式参拝をさせて頂きました

 

 

 

 

外玉垣の中に入り、御垣内の中で参拝させていただく時に

 

毎回、思うのが

 

歩き難い・・・

 

と言いますのも

玉石が大きいのです

大袈裟でなく捻挫しそうなくらい

足元をしっかり意識して歩かないと転んでしまいそうなんです

 

それで、思うのが

足元を見失うな!です

前(先)をしっかりと見すえつつも

足元を意識する事も忘れるな と告げられているなと

毎回 色々な気付きを与えてくれます

 

参拝の後は

おかげ横丁でランチタイム!

 

 

今回は

 

松坂まるよしさんへ

まるよしって!名前が気に入りましたw

なんか、まるさんと名前が似ていて縁を感じたので

店内へ入ってみると

検温器が設置されていて

体温検査、そしてアルコール消毒と

しっかりコロナ対策もされていて安心できるお店でした

お味もとても美味しかったです

僕は、焼き肉、

麻衣さんはハンバーグ

村上君は牛鍋でしたw

オススメは麻衣さんのハンバーグかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食を食べた後に

 

おかげ横丁を少し散策して

 

その後、無事に帰宅

 

来年も

みんなで伊勢神宮へ参拝しに行けると良いです!

 

11周年に向かって

三人で頑張っていきたいと思います

 

それから

RE:MARUSANHAIRのお客様から

色々と

お祝いのお言葉やお品までいただきました

 

いつも 本当に有難うございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来店していただけるだけでもありがたいのに

 

皆様のとても温かいお心遣いが嬉しくて。

 

 

 

皆様にしっかり

恩返し出来ますよう努めて参りますので

スタッフ一同これからもよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

このページの上まで戻る